オープンキャンパス開催レポートを公開中!

在学生の声

「性格って何?」
そんな素朴な疑問が研究テーマ

高校時代、アメリカの犯罪ドラマにはまり人間心理に興味を持ちました。また人間関係で悩むことが多く、性格というものに疑問を抱き始めたことも心理学を学びたいと思ったきっかけ。現在はパーソナリティ心理学のゼミで、「男性の理想の女性像」と「女性が思う男性の理想の女性像」の違いについて研究しています。女性は「男性はかわいい子の方がきれいな子より好き」と思っていたとしても、実際には男性はきれいな子の方が好きかもしれません。そのような違いを調査し、その違いにはどんな性格特性や心理的要因が関係しているのかを解明していくことが今後の課題です。この学科では大学祭で「ココロミル」という企画を開催しているのですが、私は3年次に副代表を務め、多くの仕事をこなしました。とても大変でしたが、副代表を務めたことで先輩・後輩と交流し、新たな自分を発見することができました。

心理行動科学科3年
渡邉裕子さん
宮城県 富谷高等学校出身

ホーム心理行動科学科 > 在学生の声