オープンキャンパス開催レポートを公開中!

英文学科

英文学科

英文学科

英文学科

英文学科

英文学科

英文学科

実践的な英語と自ら「考える力」を深め、国際化時代に対応したコミュニケーション能力を養います。

英文学科では、1.2年次の科目は、基礎コミュニケーション能力の育成と、専門領域の導入を主たる目的とし、3.4年時にも上級レベルの英語科目を設定し、4年間を通して高度な英語力を育成できるカリキュラムを設置しています。

専門領域においては、3年次から「英語学コース」または「英米文学・文化コース」を選択し、英語のコミュニケーションを成り立たせている音声・意味・構造に関する分析力や、英語圏の文学・文化・歴史等に関する幅広い知識を身につけられるカリキュラムを設置しています。

さらに、英語圏における語学研修の実施や支援を行い、英語運用能力の向上とともに、現地での学びから、国際理解をもった人材を育成する環境も整備されています。

Comprehensive Communication

言葉の習得の際に必要な「話す・聴く・読む・書く」の4つの能力を効果的に学べるカリキュラムを設置。
中でも、ある一定の英語力に達している学生が1、2年次のコミュニケーション科目の授業補佐をするTeaching Intership制度では、リーダーシップ力も養われ、自らの英語力向上にもつながります。

英語学コース

英語学コース

「ことば」の仕組み(音声、構造、意味)を扱うのが言語学で、特に英語を対象とするのが「英語学」です。言語に関する基本的な問題から英語の発音修正、日本語と英語の取得、英語の歴史、ことばの脳内処理、失語症など幅広い分野を扱いながら人間のこころの動きも探ります。

英語学コース 主な進路・就職先
外資系企業、航空業界、金融機関

英米文化・文学コース

英米文化・文学コース

英語圏の文学、文化について深く味わい、様々な資料を使って読み解いていくのが、英米文学・文化コースです。多くの知識、経験を積み上げながら、探究心をもって物事にふれ、自分なりの意見、答えを導きだせるような力を養っていくことで、異文化理解、人間理解を深めることができます。

英米文学・文化コース 主な進路・就職先
中学校(教員)、百貨店航空業界(客室乗務員)

英語基礎科目

英文学科の1,2年次英語基礎科目の特長は、学生一人一人のレベルに応じた、細やかなクラス分けです。また、授業以外の自分の空き時間を利用して、英会話ラウンジ(English Speaking Lounge)で、英語のネイティブスピーカーを相手に英会話を練習することもできます。さらに自分の好きな時間にできるオンライン学習システムも完備されています。

児童教育英語



宮城学院女子大学の英文学科は、東北でも珍しい児童英語教育の専門的研究、及び卒業論文の執筆も可能なカリキュラムを有しています。
また、児童英語教育を専門とする本学科専任教員John Wiltshier准教授の指導の下、毎年10週間、小学生に対して児童英語教育を実習する機会(児童英語講座)も設けられており、児童英語教育者あるいは英語教員を志望する学生が、授業で学んだ知識を実践のスキルに高めることもできます。

English Speaking Lounge


通常のSpeakingの授業に加えて、English Speaking Lounge(ESL)を平日毎日開設しています。ESLとは、英語のネイティブスピーカーの先生が英会話のレッスンをしてくれる場所です。英文学科の学生なら誰でも無料で思う存分、英会話を楽しめます。また、レッスンを通して、Speakingと同時にListening能力の向上も期待できます。

在学留学制度


半年~1年の在学留学制度では、海外協定校の修得単位を英文学科専門科目の単位として認定でき、留学期間を加えても4年で卒業することが可能です。アメリカ、イギリス、オーストリラリア、カナダの英語圏協定校留学の条件としてTOEFL450点以上が求められますが、学内で受験できる環境が整っており、 これまで120名をこえる英文学科生が海外協定校へ留学しています。


英語圏協定校