オープンキャンパス開催レポートを公開中!

皆さんの声

卒業生:門脇 麻美さん

門脇麻美

私にとって音楽教室は、目標としていたピアニストの道へ一歩でも近づくために素晴らしい先生方から指導を受けられる場でした。ソルフェージュや理論について幼少の頃から専門的な指導を受けられるのも魅力の一つではないでしょうか。
そして何より音楽を学ぼうとするたくさんの友人と出会い、その友人の演奏を聴くことが刺激にもなり、音楽へ真剣に向き合える貴重な時間となりました。音を又はピアノを奏でるということはどういうことなのか、この時に気づかされたように思います。

現在、仙台フィルのメンバー他、たくさんの音楽家たちと共演させていただく機会に恵まれるなか、共に高め合い、追求出来る喜びを感じています。是非、希望に満ち溢れた空間で一緒に学んでみませんか。


卒業生:郷家 由梨花さん

郷家由梨花

私が初めて弦楽アンサンブルコース生として音楽教室に入室したのは、小学4年生の時です。入った当初は、周りの人とアンサンブルをすることはままならず、自分のパートを弾くことに必死でしたが、自分の中ではいつか周りの人のように上手に弾けるようになりたいという強い思いがあり、良い意味で闘争心が芽生えたのは、すぐ近くに良きライバルが沢山いたからだと思います。中学生の頃からは、弦楽アンサンブルに加え、ヴァイオリンのレッスンやソルフェージュの授業も音楽教室で学ぶようになりました。発表会でパガニーニ作曲の「無窮動 作品11」を他の専門コース生2人と演奏したことが今でも強く記憶に残っています。先生のご指導のもと多くの練習をし、弾ききった時は本当に言葉では言い表すことの出来ない感情になりました。試験や発表会が定期的にある中、目的が同じ仲間たちと助け合いながら音楽を学べた環境、そして一生懸命音楽に打ち込んだあの時間があったからこそ、今の自分がいるのだと思います。

宮城学院の音楽教室で学ぶことは、将来音楽の道を目指す人はもちろん、そうではない人も素晴らしい先生方のもとできっとかけがえのない経験が出来ると思います。まずは1歩踏み出してみてください。沢山の仲間たちと皆様のご入室お待ちしております。


後期課程に2名在籍中のお母様

「ピアニストになりたい」という幼い娘たちの夢から、音楽教室に通い始めて9年が経とうとしています。ここには抜群の指導力と共に、人間的にもとても素晴らしい先生方との貴重な出会いがありました。経験豊かな先生のご指導では、本格的な音楽教育のみならず、人としての在り方、様々な教養、精神力をも身に付けることが出来ます。今では、私たち家族にとりまして、弛みない成長を与えて下さる音楽教室と共に歩む生活が、掛け替えのない大きな存在となっています。


中期課程に1名在籍中のお母様

宮城学院音楽教室の一番の魅力は、ソルフェージュ、ピアノ、弦楽アンサンブル、合唱、作曲等々、音楽を総合的に学べるところです。長男は中期課程から、次男は初期課程からお世話になり、様々な角度から音楽への興味を引き出していただき、音楽を楽しく学ぶとともに、楽譜を正しく読む力が自然と身についてきたように思います。特に弦楽アンサンブルでの経験は、ピアノを演奏する上でも大きな糧となっています。他のパートの音をよく聴くこと、同じパートの仲間と呼吸を合わせることの大切さを教えていただいています。

ホーム音楽教室 > 皆さんの声