オープンキャンパス開催レポートを公開中!

工藤 智子

伴奏ピアノ

プロフィール

2006年3月、宮城学院女子大学学芸学部音楽科ピアノ専攻卒業。2010年3月、東京音楽大学大学院器楽専攻鍵盤楽器研究領域(伴奏)修了。ピアノを故菊地明子、野沢真弓、故林秀光、岡田敦子の各氏に師事。伴奏法を土田英介、水谷真理子の各氏に師事。室内楽をヴァイオリニストの浦川宣也氏に師事。氏のヴァイオリンセミナーにおいて伴奏者を務める。第47回全東北ピアノコンクール東北放送奨励賞、第15回東北青少年音楽コンクール銀賞受賞。2005年モーツァルテウム音楽大学夏期国際アカデミーにてディプロムを取得。2006年渡独、ライプツィヒにて研鑽を積む。東京音楽大学伴奏助手を2年間務め、ドイツ歌曲、イタリア歌曲、フランス歌曲各研究授業で伴奏をし、学内外での演奏会、コンクール、オーディションに多く携わる。2011年 東京、仙台にて「リートデュオリサイタル」を開催。全日本ピアノ指導者協会会員。リトミック研究センター指導者会員。日本シベリウス協会会員。仙台市出身。東京都在住。


得意なレパートリー・活動領域

声楽(ドイツ歌曲、イタリア歌曲、フランス歌曲、日本歌曲)、合唱のほかに、弦楽器(ヴァイオリン、チェロ)、管楽器(フルート、オーボエ、クラリネット)などの伴奏を専門にしています。そのほかのレパートリーは、オペラ《魔笛》《椿姫》《ラ・ボエーム》《こうもり》のアリアやシベリウス(フィンランドの作曲家)歌曲などの伴奏。また、子どもから大人まで楽しめるよう、誰でも聞いたことがあるような名曲を取り入れた「親と子のためのクリスマスコンサート」「歌と物語のコンサート」などを企画・演奏しています。


メッセージ

レッスン、コンクール、試験、発表会、合唱や演奏会で、伴奏者が必要!という時は、ぜひお声がけください。様々なニーズにお応えします。

ホーム音楽リエゾンセンター認定演奏員 > プロフィール