園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.05.31 加藤さんがやって来た!「かとーさ~ん!」

CIMG1629

「もみがらかまど」でお世話になっているくりこま高原ファームの加藤さんが、イネの苗を持ってきてくれました。発端は昨年バケツで育てた稲に実が入らずに、ひかり組の担任が加藤さんに相談したところ、「栗駒はまだ田植えをしているから稲を持って行ってあげよう」と言ってくださったのです。

三種類の土をバケツに入れて、水を入れて混ぜてどろどろになった状態で出来上がりです。加藤さんの稲を田植えです。バケツに田植えをした後に、畑の横にバケツを置きました。

お昼の給食は加藤さんもお誘いして給食を食べていただきました。子ども達からはアイドル並みに「かとーさ~ん」の声が上がっていました。今食べている給食のご飯も加藤さんのお米です。秋の籾殻かまどの時もよろしくお願いいたします。

朝から2時間ぐらいそら組は部屋の前の南園庭斜面で遊んでいました。場所場所で違う遊びが展開されていました。女の子達はお家ごっこで、バーベキューを作っているそうです。

担任の先生達のグループはアリの巣キットを使ってアリの巣作りですがもう形が見えます。「お部屋にあるほうは、もっと巣ができていますよ。」と先生が言っていました。

水を流している人たちは、せっせと水道から水汲みをしている人、穴を掘る人、水を流す人に仕事が分担されていました。蒸し暑い一日だったのでこの作業はちょうど良かったのかな?途中で学生の観察者がぐるりと取り囲んでもずっと遊んでいました。

森のテーブルに座っているのはりんご組です。双眼鏡を作って森を探検にやってきました。テーブルに座って一休みしていたのです。

 

「もうおみずいらない」と言っていた子に「じゃぁ、もう一口だけ飲もうか?」「うん」ゴクゴクとコップの水を飲んでいました。飲み終わった子ども達が双眼鏡を貸してくれました。黄色のセロファンの双眼鏡、水色のセロファンの双眼鏡で見た世界は違っていたね。

水が飲み終わって子ども達は斜面を歩き始めたり、ダンゴムシ探しに熱中していました。山桜の小さな美も見つけるのが楽しいよね。

 

いつも北園庭で遊んでいるぶどう組もひかり組の田植えを見にやってきていつもとは違う南園庭の斜面で遊んでいました。今日の南園庭はりんご組も一瞬立ち寄ったので、もも組を除いて全園児が集まっていましたね。

子育て支援―どんぐり1歳児―

どんぐりクラブ1歳児が森入り口でお母さんと子ども達と先生とで遊んでいました。好きに歩けるのは楽しいね。最後は静かな北園庭でフープを使って遊んでいました。