園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2017.12.22 クリスマス礼拝がありました。

お日様が顔を出すと気温が上がってきて礼拝堂の前の芝生広場が暖かくなってきました。今日はクリスマス礼拝の日です。礼拝堂に続々と子ども達や保護者の皆様が集まってきました。ひかり組の4人が献金を捧げる係りとキャンドルサービスの係りになり衣装を着て用意しました。

パイプオルガンの前奏の後に、宮城学院中学生のハンドベル班による献奏があり、礼拝堂の中がすっかりクリスマスの空気になりました。子ども達の中には口をあけたまま聞き入ってしまった人たちもいました。記憶に残る演奏でした。


♪神の御子は今宵しもベツレヘムに生まれたもう…(讃美歌111番)キャンドルの灯火が回っている間に讃美歌が歌われました。子ども達も♪かみさまからのおやくそく(幼児さんびか27番)を歌いキャンドルの火が消されました。

子ども達は讃美歌を降誕劇でも歌っていたので、礼拝堂に響く綺麗な声で歌いました。中高宗教主事の大久保先生がお話しをして下さいました。クリスマスは楽しいことがいっぱいあるけれど、世の中には食べるものも十分にない子ども達の話をして下さいました。みんなが供えてくれた献金は神さまが清め、神さまのお心にかなう使い方をされることも話されました。そして、献金も捧げられました。

お祝いの歌として、コーラスサークルのお母様達からは「天にはさかえ~荒野の果てに」が歌われました。綺麗なハーモニーが心に残りました。礼拝後に2学期終業式のお話しをして終了しました。最後にツリーの前でクラス写真を撮りました。(個人写真は撮れないのでゴメンナサイ)出口のところで学長先生と大久保先生からプレゼントを渡していただきました。


本日で園長のブログはしばしお休みをいただきます。特別なニュースがあった時にはアップいたしますね。

森も冬を受け入れ、少しの間半分の子ども達の遊び場となります。
みなさまにクリスマスの平安が訪れますように、
          愛に満ちたクリスマス、新年をお迎えください。