園長ブログ

森のものがたり~今日のこども園~

2019.04.04 ぶどう組のコイノニアでした。

CIMG9685

風は冷たいのですが、晴れて青空が見えています。6人の新入園児の皆様、6名の進級の皆様、12名の保護者の皆様全員のご出席のもとにコイノニアが始まりました。礼拝で幼児さんびかを歌い、聖書の言葉を聞いて祈の時を持ちました。

新年度が始まったばかりのお忙しいときに3人のお父様が出席してくださったのは、非常に嬉しいことです。子育ては、お母様だけではなくお父様の力も大きいですね。1歳児は朝の分離で大泣きです。朝に本園のネームプレートを首にかけようとしたら、子どもに投げられた、と話してくださったお母様がいました。保護者の皆様と離れる瞬間の泣き声は辛いものがありますね。もう少し、時間がかかります。

一方子ども達は、
お部屋を覗いて見ると、泣いている人はいなくて、テラスに裸足のままたって一方を見つめていました。視線の先にセキレイが畑の側でシッポを振りながら歩いていく姿がありました。
この後、コイノニアを終えた保護者の方と帰る人、残って保育の人達に別れました。

りんご組は外に出る準備をして、出来た人たちが外に出ていました。靴下を履く、ジャンパーを着る、帽子を被る3つの関門があります。さっさとやる人、ふざけて走り回っている人、靴下にてこずっている人で時間差がありましたがやっと全員が外に出ました。

ひかり組にいた時に森から声が聞こえてきました。ガラス扉を開けるとにじ組が森で遊んでいました。

児童クラブに入った卒園児も、他のメンバーと遊んでいました。終了式から日が経っていないのに、何やらたくましさが目立ちますね。